■柏井リーグ試合結果

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【試合結果】 6/5(日) vs 宮久保子ども会野球部 (柏井リーグ)

日曜日の午前中は、宮久保さんとの柏井リーグでした。





宮久保さんは特に内野守備がよく鍛錬されており、また
より良い状況判断が出来るのを見て「野球を知っているな」と感じました。

スコアに反して、内容ではだいぶ負けていたように思います





宮小に戻り、お昼からは体験入部がありました。
数名の子が来てくれた事がとても嬉しかったです

ぜひ、これから同じチームで一緒に野球やりましょう







今、試合で勝つために一番必要な力は、守備での確実な捕球・送球かな…
とも思いますが、バッティングももちろん重要です。

4年生ともなると相手チームのレベルも上がり、四球+エラーだけで
大量得点できるほど甘くはありませんから、打って塁に出て
打ってランナーを返す必要があります。


ということで、バッティングのお話です。



バッティングはまず、素振りでしっかりした形でスイング出来るように
なって下さい。
ここをクリアしないと、試合でヒットは打てません。

次に、それが出来るようになったら、試合のバッターボックスで
それと同じスイングをして下さい。
今はまだピッチングに緩急がありませんから、タイミングをずらされる事が
ありません。
なので必要とされるのは素振り(=ベストのフォーム)と同じフォーム
だけです。
ボールが当たっても当たらなくても、とにかく同じスイングをしてみて下さい。



それでは、どういう素振りをしたら良いでしょうか


まず初めに重要な事。
ピッチャーがボールを投げてきて、そのボールをしっかり見て、
打ち返すつもりで振って下さい。

もちろん実際にボールは見えませんが、これをイメージして下さい
試合でピッチャーが投げたボールを打つための練習が素振りですから、
それをイメージしなきゃ練習にすらなりません。



構えて、それからテイクバックした時、グリップの位置はやや高めで。
テイクバック=一番良い状態で振り始めるための準備です。
グリップの位置が低いと、バットを振るのに時間が掛かり、振り遅れて
しまいます


この時、頭は無駄に動かしたりしません。
頭が動く=目の位置が動くわけです。
止まっている物を見るより、動く物を見る方が見づらいですよね。
つまり、頭が動くとその分余計にボールが見づらくなります。
普通の直球を投げているのに、動く魔球を投げているように感じて
しまいます



バッティングは、よく「前で打て」と聞くと思います。
「前で打つ」というのは、バットがボールに当たる位置が自分の体より
少しピッチャー寄り
という意味です
(ここで当たるのが一番よく飛びます。)

「前」を意識するあまり誤って、体だけ先にピッチャー側へ体重移動して
しまうとタイミングが合わず、また腰の回転が利かないので腕だけで
振る事になってしまいます。
そうなると逆に振り遅れ気味になったり、打球も飛びません

スイングする時は、テイクバックした後
-----------------------------------------------------------
左足を「ダンッ」と力強く踏み込む
  (右バッターの場合。左バッターはもちろん逆の足になります)

腰をコンパクトに「クルッ」と回転させる

腕の力で振ろうとせず、腰の回転に連れられるように
  ミートポイントまでバットを最短距離でボールに“ぶつける”

この3つを一連に。全くの同時ではないです。
ダンッ、クルッ、カキーン です。(←説明になってませんが、これで理解してくださいw

そして

最後は「ブンッ」と大きく“振り切る”

そうすると左足のかかとが自然にクルッと回って
左足のつま先が前を向くと思います。
-----------------------------------------------------------

短く軽いバットだと、腕の力だけでも一応振れてしまいます
また、空振りしたくないあまり、ボールに“当てる”ことを第一に優先して
しまいがちです。
三振は嫌ですからね、その気持ちは解ります
でもそれだとボールに力負けして強い打球になりません。
⇒ ポップフライか内野ゴロで結局アウトです。

試合中、よく「当てるだけ当てるだけ」と指示がありますが、
これは本当に「ただ当てればいい」ではなく、
無駄に大振りしないで「コンパクトに確実にミートする事だけ考えて」
という意味です


ボールを投げるときに全身を使うように、打つ時もまた全身を使って下さい

スポンサーサイト

■【試合結果】 5/22(日) vs あおばベアーズ (柏井リーグ)

日曜日は11時から、あおばベアーズさんとの柏井リーグでした。



最近使用する事が多い柏井第一球場です。 (´ _`)。oO(三塁側は日陰でいいなぁ



ありがとうございました




普段は悪い所もあれば良い所もありで試合を作れていますが、
この日は日頃散見する悪い所がまとまって出てしまい内容は散々でした

「調子が悪い」の一言で片付けてはいけないんですが、
調子悪い子が多かったように見えました。


誰でも調子の波はどうしてもありますし(無い方がいいんですが)
体調不良等で出場できない場合もあります。
なので1人に頼りっきりになるわけにはいきません。
そんな時でも他の選手がカバーできるような「層の厚さ」を充実させていく
必要性を感じました。
(実際、それを意識した選手起用をされています。)


正直、この試合は3年生のシュウマに助けられました。
でも4年生のみなさん、来年は別のチームになるかもしれないんです。
(5年生のBチームと4年生以下のCチームに)
1番打者として出塁して足でかき回す事も、ショートを守る事も
君たちがやらないといけないんです。(`・ω・)ノ
今の自分のポジションが出来ればそれでではなく、
自分がショートを守る事になる心構えでいて下さい。

■【試合結果】 5/15(日) vs 鬼越鬼高メッツA (柏井リーグ)

日曜日は柏井第一球場で、鬼越鬼高メッツAさんとの柏井リーグでした。










ランナー三塁で、叩きつけて内野ゴロで得点という
評価できる点の取り方もありました
一方、暴走が結果オーライという内容のものもありました

結果オーライは要りません。内容を重視したいです。
例えば良い当たりが野手の正面を突いてアウトになっても、
それはナイスバッティングです。


さて。
試合中わざと手を抜くような子はいませんが、
試合に向けてちょっとした気の緩みがあると
自分の最大限の力を発揮できなくなることがあります。
それだと何より自分の成長のためになりません

相手が低学年主体であったり、
勝っていても負けていても大差がついているとき等
特に気が緩みがちになりかねません
どんなときでも油断しないで自分のベストのプレイをすることを
常に心がけてください。

■【試合結果】 5/5(木) 柏井リーグ

5月5日、こどもの日

午前中は柏井第2球場で、北方中央Aさんと柏井リーグの試合を行いました。





途中和やかな雰囲気もあり、公式戦とは違う柏井リーグならではの良さを
感じました

ただシビアに試合を見れば、大量リードを終盤の守備の乱れで
ついに追いつかれるという「やっちゃった」展開…。

打ち取った当たりがアウトになる代わりに二塁打三塁打になってしまうと
ピッチャーはキツイです
外野フライのキャッチ、正確な送球、状況判断、これらは一朝一夕に
出来るようになるものではないので、まだまだ練習量が必要です。

全員が更にほんの一歩レベルアップしたら、物凄く強いチームになりますよ






柏井リーグの後は、球場のすぐ近くの市民キャンプ場でバーベキューです





…えー、みんな、テンション高すぎ。w
でもそのぐらいの方が、大人たちもやりがいがあるってもんです

楽しい時間を過ごせたようで何よりです






バーベキューが終わって解散かと思いきや、その後また練習。(笑)

そして最後には 3年生以下おかあさんチーム でソフトボールの試合
4年生のみんな、ゴメンね… (4年生が相手じゃ強すぎちゃうんだよ

この日は柏井球場を広々と、贅沢に使わせていただきました


■【試合結果】 4/17(日) 柏井リーグ

日曜日は柏井リーグのダブルヘッダー。

午前中は新井子供会野球部さんと、
午後は鬼越鬼高メッツAさんとの試合でした。




午前、柏井第2球場。携帯での撮影(デジカメを忘れる失態(;´д`)




午後、柏井第4球場。第2に慣れたせいか、狭く感じます。




試合前、相手チームのシートノックを見ていると、本当に上手で
「日頃からよく練習しているな」と感心することがあります。

しかし試合が始まってみると、宮台も互角かそれ以上に渡り合ったりします。
その理由の一つは、ピッチャーの出来が良いからかな…と思ったりもします。

守備で凡打をアウトに出来るようになってきた今では、
四球を与えないことが勝利への最短のようにも見えます。
打たれてもヒット性の当たりはそうはありませんから。

でももちろん、ピッチャー1人が良ければそれでというわけじゃありません。
野球は9人、いやベンチも含めて全員の力が必要ですからね。

ベンチスタートの選手も、回ってくるかもしれない自分の出番のために
試合中相手ピッチャーを見たり、緊張感を保つことが重要です。
これはプロの選手もやっていること。
ここはプロの真似をしてみましょうよ



そして応援
いつも監督・コーチが「応援しよう」と言いますが、どうして応援が
必要なのでしょう

バッターでも守備でも、気持ちが消極的になっていると無意識のうちに
ベストとは違う動きになってしまいます。
でもそこで応援の声が聞こえたり盛り上がっている雰囲気を感じて
積極的な気持ちになれれば、本来の良い動きができるようになってきます。

応援は、RPGで言えば補助系呪文のようなもの。
ドラクエならスカラ(防御力UP)やバイキルト(攻撃力UP)でしょうか

それともう一つ。
応援は人から言われて、その通りにやるものじゃありません。
ダルイなーと思いながら形式的に声を上げるものでもありません。
味方に良いプレーをしてほしい、試合に勝ちたい、という気持ちが
あるかどうか。
その気持ちがあったら、応援してみて下さい


最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。